技術紹介

サーマルヘッドとは?

サーマルヘッドは様々なシーンでプリンタのプリントヘッドとして使われています。身近なところでは、コンビニやスーパーで買い物をした時に受け取るレシートや、FAX、昇華転写プリント(プリクラ等)、また各種ポイントカードや鉄道の乗車券、ICカードなどです。

今回、弊社で開発致しましたサーマルヘッドとその印字制御技術は、是までのサーマルヘッド及びその印字制御とは全く異なるコンセプトで開発された世界で唯一のサーマルヘッド及び印字制御技術であります。

従来サーマル技術の問題

  • サーマルヘッドの個々の発熱素子温度を直接検知できない。
  • そのため印刷品質が不安定で種々の要因(周囲の温度、印刷効率/印刷パターン、プリントヘッドの使用年数など)に影響される。
  • 印字制御が正確に行われないためオーバーヒート(過加熱状況)になり、ヘッド寿命が短く印刷速度に限界がある。=冷却時間が必要
  • 印字制御のためのアルゴリズムが複雑で、長期開発リードタイムが必要となり、処理時間が長く、コントローラーが高コスト
  • 熱消費電力が大きく、経済性とヘッド寿命に影響